山口 実里 のすべての投稿

新著「1か月で5㎏ダイエット!」と決意したら、毎日玄関の靴を揃えなさい

みなさん、こんにちは(^^)

今日から9月がスタートです!

夏も終わり、本格的に”食欲の秋”が到来しますね。

ダイエットで食事制限をする前に、一度、こちらの書籍をお手に取って読んでみてはいかがですか?(*^-^*)

代表稲川の新著『「1か月で5㎏ダイエット!」と決意したら、毎日玄関の靴を揃えなさい』
のWEBページはこちら★
http://medicube-pub.com/diet/

こちらより、書籍のご注文もできます♪

[第17回] 2017.7.22 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.7.22 放送分の書き下ろしです》

南さん)それでは稲川先生、今日のテーマを教えてください。

稲川)今日のテーマはこちら“深い睡眠をとるためのヒント”

南さん)いいですね~!

稲川)はい。

南さん)寝苦しい日が続いていますんでね~

稲川)すごいですよね~

南さん)クーラーつけて寝ると風邪ひきそうですし、消すと眠れないし、悩ましい夜が続きます。

稲川)あのぉー、クーラー派と、まぁ扇風機派とかいるんですけども。

南さん)えぇ。

稲川)どちらがいいと思いますか?南さんは。

南さん)えーー、つけないほうがいいと思うんですが、でも最近はね、それじゃ眠れないですね~。

稲川)室内の温度が、25度を超えているとですね。

南さん)えぇ。

稲川)体温がバランスよく低下していかないので、眠りが浅くなっちゃうんですね。

南さん)あーそうですか!

稲川)ですから、どちらかと言うと、クーラーとうまく付き合った方がいいと思います。

南さん)あぁー、はい。

稲川)特に寝初めの時というのは、体がある程度温まって、そこから体温がすこーし冷えてきたときに、眠りが深くなりますのでね。

南さん)あー。

稲川)体を冷やすということを意識していただきたいと思います。

南さん)そうですか。

稲川)クーラーが苦手とか、ちょっと心配という方は、頭だけでも冷やす。

南さん)あっ、じゃあ氷枕のようなものでもいいんですね。

稲川)えぇ。そうですね。冷やしてはいけないところが3つ。大事な美容のポイントがあります。

南さん)はい。

稲川)人間のからだのくびれた部分。首、ウエスト周り、それから足首なんです。

南さん)そこは冷やしちゃいけないんですね。

稲川)そこはくびれてますから、ものすごく冷えが強くなるので、冷やさないほうがいいですね。

南さん)なるほど~。

稲川)足元とかですね。まぁそういう形をとっていただきたいと。

心地いい睡眠をとるポイントとしては、なんと言ってもやっぱり一番大事なのは、夕食を早めに摂る。消化に時間がかかるもの。

南さん)えぇ。

稲川)例えば一番かかるのは、お肉。これね、本当は私は食べていただきたいいんですけども、やっぱり3,4時間かかるんですよ。

南さん)あー、そうですか。

稲川)そうすると例えば、ステーキ食べて、2時間経ったから寝ようと思ってもまだ、消化が続いてるので、体温が高いままなんですよ。

南さん)あーなるほど。

稲川)そうすると、寝苦しい時にそういう状態を作るともっと眠れなくなるので、消化不良を起こした感じになってしまうということが起きますのでね。

南さん)えぇ。

稲川)いつもよりも早めの夕食。

南さん)はいっ。

稲川)それから、逆にですね、体温を落とすためには、寝る前にちょっと体温を上げることをしていただくといいので、ストレッチとか軽い筋トレ、それから定番ですけど、寝る前の半身浴なども20分間くらい、39度あるいは、ちょっと高いと40度くらい。入ってから、体温をちょっと上げて、それから体温が落ちる時に眠りやすくなりますので。

南さん)ほぉー。

稲川)この辺もいいのかな、と言う風に思いますよね。

南さん)はい。

稲川)普段の生活の中で、トリプトファンというアミノ酸があります。

南さん)聞いたことあります。

稲川)ありますよね。お肉などにももちろん入ってるんで、お肉の摂り方も難しいんですけども。あとは、ナッツ類とか牛乳とは、バナナとか豆乳。貝類。普段からそれを使っていただくといいと思います。

南さん)ほぉー。

稲川)意外なんですけども、ちょっと辛めのものを摂ると、その時体温が上がりますから、それから体温が落ちやすくなるので、眠りやすくなったりします。

麻婆茄子なんかいいんじゃないですかね。

南さん)なるほど~。

みなさんも是非稲川先生のアドバイスをお試しください。

[第16回] 2017.7.15 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.7.15 放送分の書き下ろしです》

南さん)それでは稲川先生、今日のテーマを教えてください。

稲川)今日のテーマはこちら“土用は美しく元気に過ごそう”

今日は土曜日なので、土曜日のことと勘違いされちゃうと困るんですけど(笑)

南さん)あー、そっか、そっか。

稲川)いわゆるウナギの土用の日ですよね。

南さん)はい。

稲川)で、実は、この土用期間っていうのは、年に4回、2週間ずつあるんですよ。

南さん)これは~知らない方多いと思いますね。

稲川)春の土用、夏の土用、秋の土用、冬の土用。全部季節の間の2週間。

南さん)えー。

稲川)土用期間っていうのは、2つの季節が入り混じっている期間のことで、体にもすごくいろいろな意味で負担や変化が生じやすい期間ですから、注意をちょっとしなければいけないということですね。

南さん)はい。

稲川)春の土用っていうのは一番、いわゆる五月病になりやすい。

南さん)あー、そっか。

稲川)はい。秋の土用は、老化が進みやすい。

南さん)えぇ。

稲川)冬の土用は1月の頭なんですけども、一番インフルエンザが流行るんです。

南さん)あー、その時期ですね。

稲川)ですから免疫力が低下して、病気になりやすい。

南さん)うーん。

稲川)いわゆる夏の土用。今年はちょうど7月19日から8月8日の2週間なんですけどもね、7月25日が十二支でいうと丑の日にあたるので、この日はもう鰻屋さん大行列と!

南さん)あははっ(笑)そうですね~。

稲川)あるいは、スーパーでもウナギがバカ売れという日なんですけども~

南さん)えぇー。

稲川)夏の土用は、秋の気配が入り乱れてですね、疲れやすいんです。

南さん)ふ~ん。

稲川)はい。バテるんですね。バテやすい。

南さん)はぁー。

稲川)だから、この2週間はゆっくり養生することをまず考えることが大事ですね。

南さん)なるほどね~。

稲川)はい。で、この土用っていうのは、“土”がつきますから、土と縁がある。昔は土用期間に土をいじると、やっぱりこの土が凄く腐敗しやすいんですよ。季節が混じるのでね。

南さん)ふーん。

稲川)腐敗するから、昔は薬とかがないので、食中毒がおきたり、原因不明な病気になりやすいということで、あまり土をいじらなかったと言われるんですね。

南さん)ほぉー。

稲川)今はそこまでは必要ないとは思うんですけど、ただやっぱりこの土用期間というのは、土の中で生きていたもの。食べ物は、すごく感謝して食べた方がいいのではないかと。

南さん)えぇ。

稲川)僕、個人的にすごく思ってます。この筆頭がウナギであると。

南さん)なるほどね~。

稲川)ですから、どじょうもいいんですよ。

南さん)同じようにね、泥の中に潜ってますもんね。

稲川)えぇ。あと、あのー、しじみとかね。根菜類、温野菜とかね。大根とか。

南さん)ふーん。

稲川)こういったものもしっかり養生につながるので、土と関係したものをしっかり摂っていただくといいと思いますね。

南さん)なるほどね。

稲川)で、特にウナギの場合はビタミンAとか、タンパク質、それから非常に良質な脂肪・油、こういったものも多いですから、カロリーはちょっと驚くくらい高いんですけど。

南さん)えぇ。

稲川)この土用の期間はあまり気にせず、体のためということで、ウナギ食べていただいて、あとは、日帰り温泉とか、ゆっくり休む時間を作っていただいたいと思いますね。

南さん)はい。昔の人の知恵ってやっぱり素晴らしいですよね~。

稲川)そうですね。ほんとその通りだと思います。

南さん)みなさんも是非、土用の期間を健康にお過ごしください。

[第15回] 2017.7.8 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.7.8 放送分の書き下ろしです》

南さん)それでは稲川先生、今日のテーマを教えてください。

稲川)今日のテーマはこちら“一ヶ月で5キロダイエットpart2”

南さん)先週は、生活習慣などの観点から効果的なダイエット方法を教えてくださいましたよね。

稲川)そうですね~。太りやすい人は、太るような生活をしている!

南さん)なるほど~。

稲川)太りにくい人は、太りにくい生活をしている!ずばりここにつきると思うんですね。

南さん)なるほど~

稲川)今日、PNもこもこさんが1日1食って言いましたけど、1食がすごく体調がよければ、それも試してみていいと思うんですが、大事なことは食事の時間を一定にするということですよね。

南さん)あ~そっか。

稲川)どんな動物でも、だいたい何時頃になると餌の時間だなって、わかるわけです。

南さん)え~。

稲川)人間の体もそうですから。

南さん)え~。

稲川)この時間になると食事で何か栄養が得られるなっていうのを、脳とか腸が勝手に判断しますのでね。

南さん)うん、うん。

稲川)バラバラよりは一定にする。

南さん)はい。

稲川)私の場合、特に朝食の時間は一定にしやすいので、朝食の時間を一定にしましょうということを本の中で言っています。

それから、食事で摂るオススメのものは、もう、たくさんあるんですけどね。最近やはり筋肉量が低下して、代謝が落ちるだけではなくて、骨折とかそういう怪我をする方が多い。

南さん)あーー。

稲川)私はそれぞれの食事で摂るものの、まず第一に大事なものは、タンパク質と言うことを言っております。

南さん)はい。

稲川)これは植物性、動物性を問わずね。

南さん)えぇ。

稲川)でもいろんな種類を摂ったほうがいいと思うんですけどね。

南さん)はい。

稲川)色んな料理の仕方をして、すべての食事の中にタンパク質を意識していただきたいと思いますね。

南さん)なるほどね~。

稲川)それから、運動なんですけども、私の場合は運動というよりも活動という表現をしてますが。

南さん)えぇ。

稲川)とにかく動くこと。特に動き方もですね、心臓とか血圧にあまり負担をかけないように、ゆっくりでもいいから、呼吸をしながら、ウォーキング・お庭いじり・ショッピング。

南さん)はい。

稲川)やっぱり全身を使いながら、動くということがポイントだと思いますね。

南さん)はい。

稲川)先ほどのタンパク質とも関係しているんですけど、筋肉をしっかり付けるためにはやっぱり腕立てとか、軽いスクワットとかちょっと負荷をかけなきゃ無理なので、いつやったらいいかっていうと、いつでもいいんですけども。

南さん)えぇ。

稲川)私は一定にするためには、夜寝る前にやっています。

南さん)あーなるほど。

稲川)腹筋、スクワット、腕立て。ほんの少しずつなんですけど、寝ている間に筋肉が修復されますから、筋肉に負荷をかけてあげた方が、修復がスムーズにいきますのでね、これも一日ちょっと取り入れていただくといいと思います。

南さん)習慣化したいですね~。

稲川)その通りですね。

南さん)はい。詳しくは是非稲川先生の最新著書“一ヶ月で5キロダイエットと決意したら毎日玄関の靴を揃えなさい”こちらでチェックしてくださいね。

 

[第14回] 2017.7.1 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

9月5日 気学入門コース 満員御礼となりました!

みなさん、こんにちは。

8月なのに、関東では雨の日が多く感じますね。

体調崩さずお過ごしでしょうか。

2017年は、一白水星が中宮の年。つまり、中心にいる年です。

その名の通り一白水星は”水”。

今年は、全体的に水害や突然の雨などが多く、体の冷えなどにも注意しなければならない年です。

気学を学んでいると、そういった世の中の流れもわかってくるので面白いですよ~(^^♪

 

さて、毎度好評の「銀座九星気学塾 気学入門ベーシックコース」!

9月5日(火)が満員御礼となりました!!

お申込みいただいた皆様、誠にありがとうございました。

気学入門コースチラシ

↑こちらが新しいチラシです!(^^)!

入門コースは、月一回開催しております。

定員20名様となりますので、お早めにお申し込みください✎

 

皆様のご参加、心よりお待ちしております(*^-^*)

[第13回] 2017.6.24 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.6.24 放送分の書き下ろしです》

南さん)それでは稲川先生、今日のテーマを教えてください。

稲川)今日のテーマはこちら“骨太美人ホルモンを増やそう”

南さん)骨太美人ホルモン。ちょっと聞きなれないですけど(笑)

どんなホルモンでしょう?

稲川)アハハ!骨太(笑)ちょっとすごい言い方なんですけど、よく言われるビタミンDと言うホルモン。

まあ、今ホルモンって言いましたけど、ビタミンDは立派なホルモンです。

南さん)あっ、そうですか。

稲川)カラダの中で、つくられるんですね。

南さん)へーーー!

稲川)このビタミンDって昔はですね、女性の方がお仕事して、あるいは洗濯物とかお掃除とか、お買いものとか、外を歩いてましたよね。

南さん)屋外での仕事が多かったですよね。

稲川)屋外で日中動くことが多かったので、このビタミンDが不足することがなかったんですけど、最近やっぱり家の中にいるとか、ちょっと日差し強すぎるから家の中から出ないとか、ちょっと梅雨時期で雨が降ると中にいるとか、そういう形で少しこのビタミンDがですね、不足しているというような報告もされるようになってきていますね。

南さん)へーー。

稲川)もともとこのビタミンDは、カルシウムとリンというものの吸収をよくしてくれる。最近の研究でいうと免疫力のアップ。特に女性でいうと乳がんのね、予防効果があるのではないかとか、糖尿病のね、あるいは、鬱、自閉症などの予防にもなると、非常に幅広くですね、研究が進んでまして、このビタミンDの非常に重要性というものが、今謳われるようになったんですね。

南さん)はい。どういう風にしてカラダに取り入れればいいんでしょうか?

稲川)そうですね。普段の食生活でも取り入れることはできるんですね。

例えば、お魚。魚肉の中にはビタミンDの成分が入ってますし、それから身近なところからいうとやはり卵なんですね。

南さん)卵?はい。

稲川)えー。はい。卵はですね、ちょっと前までコレステロール高い方は、一日2個以上食べてはいけません!と結構言わてたんですけど、今そんなことは言われなくなりました。むしろコレステロールはホルモンにも必要ですし、血管を丈夫にすることにも必要だということなので、アレルギーのある方はなかなか難しいんですけども、卵をより身近なものとして、考えていただくといいと思います。

南さん)はい!

稲川)それ以外ですと、干しシイタケとか、きのこ全般、それから海藻類、なんといってもやはりビタミンDの多くが、皮膚の中でつくられることが多いので、冒頭でも言いました通り、表にでる。

南さん)表に出る、日差しを浴びる。

稲川)外で活動することがやっぱり必要なんですね

南さん)稲川先生、やっぱり最近はUVケアが一番大事。美容の基本って言われるので、どうすればいいんでしょう?

稲川)やっぱり日差しも強くなっているので、もちろん水着で外を歩いてほしいとは思わないんですけど、

南さん)うふふっ(笑)

稲川)あのー。せめて、夏らしいTシャツと、ショートパンツっていうんですかね。身軽な服装で、週に2日から3日間くらい、なるべく日差しの強くない朝方とか夕方。活動でもいいですし、ウォーキングでもいいですから。そういったことを習慣にしていただくと、ビタミンDは皮膚を中心につくられることがわかっていいますから、日焼け止めをべったり塗りすぎたりね。

それから頭の先から足の先まで、完全防備で外へ出るということよりは、多少そういう身軽な服装でね、出ることも健康と美容には大事だというところを、ちょっと頭の中に入れておいていただきたいなと。

南さん)わかりました!

みなさんも是非、ビタミンDを意識して骨太美人を目指してくださいね。