メディア掲載実績

[第11回] 2017.6.10 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.6.10 放送分の書き下ろしです》

南さん)それでは稲川先生、今日のテーマを教えてください。

稲川)“理想の体重”

BMIっていうのがあるんですけども、ボディマスインデックス(Body mass index)の略称なんですが、使い方をもう一度みなさんにご紹介したいんです。

南さん)お願いします。

稲川)一般的には、およそ19~25が理想と言われているんですけどね。

南さん)そうですよね。

稲川)みなさんの身長をメートルに直していただきたいんです。南さんはおいくつ?

南さん)私ね、160センチなので、ちょうど1.6です。

稲川)1.6ですね。そしたら2回かけていただきたいんです。

南さん)1.6×1.6ですよね。

稲川)今やってみますね。そうすると2.56になりますね。

南さん)そうです。そうです。

稲川)この2.56が私のBMIの基本係数だと思っていただければいいと思います。

南さん)覚えておけばいいんですね。

稲川)そうです。まず25をかけていただく。男性と女性では若干違うんですけど、今日は女性でいきましょう。

南さん)はい。

稲川)今かけましたけれど、およそ64。

南さん)え?!結構ありますね!

稲川)結構ありますよね。

南さん)こんなに太っていいんでしょうか?(笑)

稲川)この25をかけた数字というのは、実は寿命が一番長い可能性がある。

南さん)本当にー?!えへへへっ(笑)

稲川)長生き体重なんですよ。

南さん)へーー!!

稲川)25かけていただくとね。

南さん)かなりじゃあ、しっかりあっていいんですね。

稲川)64。まだありますよね。

続いて、見た目美人体重。これは22をかけていただく。

南さん)22をかけます。

稲川)かけました。約56.3になります。

南さん)これも、まあ、随分太れるな。

稲川)まだ、ありますね。見た目美人でちょっとふくよかに、モテる感じですかね。

南さん)あ~。じゃあ、もうちょっと太っていいんですね私も。

稲川)それが56キロくらい。

南さん)はい。

稲川)逆に、理想モデル体重っていうのが19。

南さん)スレンダー美人は19。

稲川)はい。スレンダー美人は19です。今かけますと、約48.6になりますね。

南さん)おー!スレンダー美人じゃないですけど、一応ここに入っていますね。

稲川)入ってますか!そうですか。

南さん)はい。(笑)

稲川)南さんは何歳になってもモデルを目指している、ということなんですね。

南さん)あはは!そうですね(笑)

稲川)ただ大事なことは、これ以下にしないほうがいい。

南さん)あっ、そうですか!

稲川)5月にフランスの方でも、法律が決まったんですけど、このBMI18.5未満の女性がモデルとして、テレビやイベントに出てはいけない。という法律になりました。

南さん)じゃあ、みんなの目標、アイコンになっちゃいけないってことですね。

稲川)そうですね。そうすると、ちょっと精神的に不安定になりやすかったり、摂食障害を起こしやすかったり、色んなカラダのマイナス要因がでてくるので、一応18.5っていうのはあるんですけど、わかりやすく19かけた体重を、加減くらいにしておいた方がいいですね。

南さん)なるほど~。

稲川)25、22。そしてモデルを目指す場合でも19という数字を覚えていただきたい。

南さん)わかりました。稲川先生、体重を減らすという話は、よくこの番組でもしますけれども、逆に体重を健康的に増やすにはどうしたらいいのでしょう。

稲川)実は若い方中心に、もっと増やした方がいい方は結構多いんですけども、まずそういう方はですね、タンパク質をしっかり摂っていただきたい。

南さん)あー。なるほど。

稲川)ですから、タンパク質をしっかり摂って、3食をだいたい決まった時間に摂っていただくのと、人間の筋肉というのは、砂時計みたいにどんどん落ちていくんですね。ところが食事をしている時だけストップしますから。

食事の間隔を6時間以上空けない。

南さん)うん。

稲川)そして、もう一つポイントは、特に寝ている間って筋肉の合成が凄く進みますので、夕食終わって一時間後に、僕のお勧めは、スクワット、腹筋、腕立て、どれでもいいですから10回ずつゆっくりやっていただく。5分以内でできますから。

南さん)そうですね。これだったらね。

稲川)スクワット、腹筋、腕立て全部やってもいいですけども、毎日習慣としてやっていただくと、タンパク質を摂って、この筋肉運動、これだけで筋肉量が増えてくるはずです。

南さん)これは毎日続けたいですね。

稲川)そうですね。

南さん)みなさんも是非ご自身の体重、チェックしてみてくださいね。

[第10回] 2017.6.3 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.6.3 放送分の書き下ろしです》

南さん)稲川先生、さっそく今日のテーマをお願いいたします。

稲川)“体内時計の整え方”

先週土曜日、日曜日と九州の別府の湯布院で「日本予防医学会の総会が行われたんです。

南さん)羨ましい~。

稲川)そこでも先生方と体内時計、睡眠不良の問題の意見交換がありました。

今はなんでも24時間できる時代なので、ちょっと油断すると生活習慣が乱れてしまうんです。

例えばなんですけど、起きる時間がバラバラだとか、食事の量が多かったり少なかったりとか、これも影響あるんですね。

もちろん寝不足、運動も雁字搦めにやるときもあれば、まったくしなくなったりとか、こういうのも全てこの体内時計に影響がでてきてるとわかってきたんですね。

ちょっと乱れた生活をすると、体内時計という体の時計が1日30分から1時間くらい時差ボケがおきるということです。

南さん)へぇ~そうですか。

稲川)つまり同じ日本にいても生活が乱れると、海外旅行行って時差ボケ状態になるということですね。

南さん)え~怖い本当に?!

稲川)夜寝れなくなって、昼間が眠くなってしまうということです。

南さん)なるほど!

稲川)集中力がでないとか、そういったことが起きてしまって、最終的には、肥満の原因になりますね。

南さん)なるほどね~

稲川)それから自律神経のバランスが崩れるので、血圧があがりやすくなりますよね。

南さん)いろいろな影響があるんですね。

稲川)高血糖の問題で、血糖値も上がりやすくなるということですよね。

南さん)なるほど。

稲川)なかなかこういうことは薬では治らないので、やはり生活習慣を整えなければいけないですね。

私は、3つみなさんにご紹介したいんですけど、

まず起きる時間をなるべく一定にする。

南さん)これ大事ですね。

稲川)それから朝日を浴びる。程よく。家の中でいいですから。

南さん)起きたらまず、朝日を浴びる習慣ですね。

稲川)そうですね!この習慣が大事ですね。

それから、内臓でいうと、肝臓が内臓の中枢なので、やっぱり朝は自分に合った食事を最小限バランスよく摂っていただきたいと思いますね。私などは、ローフードや果物であったり、こう言ったものをちょっと摂ることによって、肝臓がコントロールしてくれるということがわかってきています。

南さん)いいこと教えていただきました。

稲川)あとは、慣れてきましたら、昼寝。これもしすぎると体内時計狂いますので、今の研究でいうと30分以内にして頂くことです。

南さん)そうですか。

稲川)あとは、夕食を早めにとって、寝る1、2時間前以内に、ぬるま湯のお風呂にゆっくり浸かっていただくと、こんなことで体内時計が凄くリセットされやすくなりますね。

南さん)なるほどね~。あと、寝る前にどうしても携帯触ったりパソコンやったりしちゃうんですけど。

稲川)最小限にして、一応これも習慣だと思います。そういう習慣をしていただければ、朝、逆にみていただいたりするのは交感神経で、しかも冷静なお返事もできますから、いいと思いますね。

南さん)皆さんも是非、規則正しい生活で体内時計を整えて、より健康な毎日をお過ごしくださいね。

[第9回] 2017.5.27 FM Nack5 「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.5.27 放送分の書き下ろしです》

南さん)稲川先生、さっそく今日のテーマをお願いいたします。

稲川)“肌年齢を若くするホルモン”

今日は恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン」というですね、恋愛ホルモンと覚えておいてください。

 

南さん)初めてききました。「フェニルエチルアミン」

稲川)別名、一目惚れホルモンですね。

一目惚れしたときに一番出るんです。

南さん)惚れっぽい人は得ですね。

稲川)お肌が綺麗かもしれませんね。

やはり、一目惚れというくらいですから、いいなと思っている時に出てくるんです。

恋愛してドキドキするとか、そういう時に出るんですけどね。これはちょっとまだしっかり検証された訳ではないんですけども、一応最大3年〜4年くらい出るらしいんですよ。

南さん)恋愛はだいたい3年くらい続くといいますからね。

稲川)歌にもありますもんね。

同時にこのフェニルエチルアミンはドーパミンというホルモンを脳から出してくれます。

南さん)やる気が出るホルモンですよね。

稲川)そうですそうです。やる気が出て、集中力が出ます。人間というのは集中力が出る時は食べることを忘れますので。

南さん)でも恋してる時ってそうですよね。

稲川)私も銀座でサロンをやっていますけども、一番綺麗になって痩せやすい人をいうのは、やっぱり結婚を前にした女性です。

やっぱりこのフェニルエチルアミンがいつも出てるんでしょうね。

効果もものすごく早いです。

ですから、別に憧れもいいんですけど、電話でも良いと思いますし会って話すのが一番いいと思いますしね。

でもやっぱり僕は何と言っても、好きなアーティストのライブかなんかに行ってみるのもいいんじゃないですかね。

目の前に、あーこの人素敵だなと思って一緒に声を出すというのも効果があると思います。

南さん)良いなという気持ちを持つということですね。

稲川)実は食事でも最近恋愛ホルモンが出るということが分かってきたんです。

南さん)なんですかそれは?

稲川)一番はチーズ。

南さん)あ!大好き!

稲川)そしてカカオの配合量が高いチョコレート。

南さん)最近ありますよね。

稲川)そうですね。

そして3つ目は、私も大好物、南さんも大好物の赤ワインです。

南さん)お!好きな物ばかりじゃないですか。

稲川)良かったですね。なんかね、勝手に決めつけてるんじゃないかと思いますけもどね。そんなことをちょっと参考にしながら、頭の片隅に恋愛ホルモンを置いておいていただくと良いかなと思います。

南さん)なるほどね〜

皆さんも是非、人に動植物に物に、たくさん恋して健康になりましょうね。

 

[第8回] 2017.5.20 FM Nack5「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.5.20 放送分の書き下ろしです》

南さん)では稲川先生、今週のテーマをお願いいたします。

稲川)今日のテーマは、“デトックスと断食”

昔は、食事というのはあくまでも朝取って仕事して、夕方前に食事というだいたい2食でした。大昔ですが。

そうやって明るいうちに取っていましたから、残りの12時間以上は空腹で、半日ですけど断食をしていました。

これが良いリズムだったんです。

ところが最近は、夜食であったり何でも24時間手に入りますから、結局一回の食事でも短くて3、4時間。長いと6時間〜8時間消化にかかっているんですよ。

そうすると夜食まで食べてしまうと、なんと24時間のうち、消化分解している時間が圧倒的に多いということです。

この消化分解している時に体の酵素というタンパク質が使われると、本当は体の中の老廃物も排出するのに酵素が使われるんですけれども、その排出する能力が低下しやすくなるということですよね。

ですからやっぱり、今のような食事が美味しく食べられるときは、私個人的なんですが、月に一回、一日くらいはデトックスのためにファスティングと呼ぶんですけどね。

約24時間、それ以上は個人ではやらない方がいいと思うんですけれども。

あの、皆さんはよく健康診断をやる時に、前の日に食事をストップして朝もやめて健康診断をやって、お昼はお粥とか軽いものという経験があると思うので。あれを少し自分でコントロールして一日やれるといいと思います。

そうすると一旦内蔵が休まってですね、老廃物がきちんと外に出やすいサイクルができるんです。

デトックスをしないとやっぱり代謝が低下して非常に太りやすくなったり、浮腫みやすくなったり、疲れやすくなったり、こういったものも普段の生活に取り入れてください。

実はこれ、やった方がいい日があるんです。

月の暦をちょっと調べていただくと分かるんですけど、5月26日が新月なんですよ。

南さん)新月の時が良いんですか。

稲川)はい、新月のときは排出する力が高まります。

今月は5月26日ですので、21日くらいから、5日間の間にリラックスできる場所でね。例えばお仕事もお休みして、日帰り温泉のようなところへ行ってみてもいいですから、ローフードとかお茶とか、体の負担にならないようなものを適度に軽く取りながら、リラックスをするというふうに過ごしていただくと排出能力が上がっていくと思います。

南さん)なるほど。良いお話を伺いましたね。

皆さんも是非、無理をしない程度に一日断食を試してみてはいかがでしょうか。