[第8回] 2017.5.20 FM Nack5「稲川竜生 めざせ健康美人!」

《2017.5.20 放送分の書き下ろしです》

南さん)では稲川先生、今週のテーマをお願いいたします。

稲川)今日のテーマは、“デトックスと断食”

昔は、食事というのはあくまでも朝取って仕事して、夕方前に食事というだいたい2食でした。大昔ですが。

そうやって明るいうちに取っていましたから、残りの12時間以上は空腹で、半日ですけど断食をしていました。

これが良いリズムだったんです。

ところが最近は、夜食であったり何でも24時間手に入りますから、結局一回の食事でも短くて3、4時間。長いと6時間〜8時間消化にかかっているんですよ。

そうすると夜食まで食べてしまうと、なんと24時間のうち、消化分解している時間が圧倒的に多いということです。

この消化分解している時に体の酵素というタンパク質が使われると、本当は体の中の老廃物も排出するのに酵素が使われるんですけれども、その排出する能力が低下しやすくなるということですよね。

ですからやっぱり、今のような食事が美味しく食べられるときは、私個人的なんですが、月に一回、一日くらいはデトックスのためにファスティングと呼ぶんですけどね。

約24時間、それ以上は個人ではやらない方がいいと思うんですけれども。

あの、皆さんはよく健康診断をやる時に、前の日に食事をストップして朝もやめて健康診断をやって、お昼はお粥とか軽いものという経験があると思うので。あれを少し自分でコントロールして一日やれるといいと思います。

そうすると一旦内蔵が休まってですね、老廃物がきちんと外に出やすいサイクルができるんです。

デトックスをしないとやっぱり代謝が低下して非常に太りやすくなったり、浮腫みやすくなったり、疲れやすくなったり、こういったものも普段の生活に取り入れてください。

実はこれ、やった方がいい日があるんです。

月の暦をちょっと調べていただくと分かるんですけど、5月26日が新月なんですよ。

南さん)新月の時が良いんですか。

稲川)はい、新月のときは排出する力が高まります。

今月は5月26日ですので、21日くらいから、5日間の間にリラックスできる場所でね。例えばお仕事もお休みして、日帰り温泉のようなところへ行ってみてもいいですから、ローフードとかお茶とか、体の負担にならないようなものを適度に軽く取りながら、リラックスをするというふうに過ごしていただくと排出能力が上がっていくと思います。

南さん)なるほど。良いお話を伺いましたね。

皆さんも是非、無理をしない程度に一日断食を試してみてはいかがでしょうか。